So-net無料ブログ作成
検索選択

水俣病訴訟、和解協議へ 小沢環境相(産経新聞)

 水俣病未認定患者が国や県、加害企業のチッソを相手に賠償を求めている裁判について、小沢鋭仁環境相は12日の記者会見で、15日に患者団体「水俣病不知火患者会」(熊本県水俣市、約2600人)との和解協議に入ることを熊本地裁に伝えることを明らかにした。患者会が11日に集会を開き、和解協議に入ることを決定したことを受けた。

 熊本地裁での裁判の期日は22日に入っており、地裁の和解勧告が出るとみられている。環境省は水俣病被害者救済法に基づいた裁判を行っていない被害者への救済と、原告との間の和解内容を同じ水準で行う方針。5月1日の慰霊式までに救済をスタートさせたいとしている。

 救済をめぐっては、主な被害者5団体のうち3団体が救済法を受け入れ、2団体が国などに損害賠償を求めて争っている。

【関連記事】
水俣病訴訟で国との和解協議入り決める 不知火患者会
「チッソは協定違反」 水俣病補償問題で協定書の立会人が声明
「四日市にも公害資料館を」 新潟水俣会議の高野さん講演
「水俣病、平等に救済を」 被害者団体が環境省と協議
水俣病訴訟、和解協議に前向き 田島環境副大臣

<寛仁さま>宮内庁病院から転院(毎日新聞)
【科学】「クラゲ星雲」火の玉だった X線天文衛星で観測(産経新聞)
免許条件の眼鏡掛けず乗務=東海道新幹線の運転士(時事通信)
24日に住民と意見交換=八ツ場ダム中止問題で−前原国交相(時事通信)
粗大ごみを無許可処分=容疑で会社社長ら8人逮捕−運搬後に高額請求も・警視庁(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。